営業とマーケティング、マーケティングと情報システムがばらばらに「顧客」をとらえマーケティング予算を空費してきた時代はついに終わり。連携・連動により顧客コミュニケーションを最適化する時代が訪れようとしています。しかし、まだその準備ができていない企業が多いようです。急なオムニチャネル導入は多くの企業で失敗事例を生んでいるのが実際のところ。今回はウェブ分析の立場から石井研二が、EC・店舗両面の立場から中山茂が変化の時代に突入したマーケティングを語ります。

日時:2019年3月22日(金) 16:00~19:00(開場15:30)
会場:アットビジネスセンターPREMIUM大阪駅前 (JR大阪駅 徒歩2分 > mapはこちら)
料金:無料

【第1部】

講師:石井研二

データドリブンWebプランニング

コーポレートサイトからオムニチャネルまで、
データ取得と分析によってマーケティングを加速する新たな常識

【第2部】

講師:中山 茂

オムニチャネルを目指す企業の9割が陥る
大きな落とし穴

大手通販会社と大手百貨店Web責任者が実感したかなりヤバい現実
貴方の会社は本当の価値を提供していますか?

【第3部】

講師:中山 茂 × 石井 研二

クロストーク:
それでもオムニチャネルは時代の必然

第3部は質疑応答も兼ね、中山、石井両講師が対論形式で進めます。

相談会(懇親会)を予定
なお終演後、相談会を兼ねた懇親会を予定しております。
直接講師に相談できるチャンスですので、ぜひご参加ください。(参加実費となります)

講師プロフィール

中山 茂

中山マーケティングデザイン株式会社 代表取締役

“ベルメゾンネット立上げ人”
96年に千趣会にてベルメゾンネットを立上げ。ネット経由売上げを年間700億円まで成長させる。また大手百貨店Web事業責任者としてオムニチャネルにも向き合い通販、店舗両面からの視点を持つ。
1961年、岡山生まれ 1985年 株式会社千趣会入社。頒布会商品企画を担当。 1996年 海外サイトを参考にダイヤルアップ接続時代にベルメゾンネットを手作りにて立ち上げる。(年間ネット経由売上げ20万円)
2008年 Web責任者としてベルメゾンネットを進化させ千趣会の大きな柱とする(年間ネット経由売上げ700億円)。
2014年 総合マーケティング部門役員就任。
その後大丸松坂屋Web事業責任者。
2018年 千趣会から独立し「中山茂マーケティングデザイン株式会社」を設立。

石井 研二

株式会社ミルズ 主任研究員

雑誌編集、通販カタログ企画を経て、95年からウェブプロデューサ。Web黎明期からアクセス解析を使い、多くの企業サイトを成功に導く。「直帰率」という言葉の生みの親として知られる。企業分析と企業Web分析を組み合わせて「すべてを見る」ことをコンセプトとした分析会社「ミルズ」を設立。
インプレス「Web担当者Forum」で「今さら人に聞けないWebの仕組み」を連載中。『ガッチリ成果を出すWeb担当者の教科書 ~便利テンプレートデータで実務を効率化!』(技術評論社)、『改訂新版アクセス解析の教科書』(翔泳社)ほか、著書・講演多数。